2005-09-11

コメント

モントーヤ:「スムーズで良いラップだったね。雨粒を2、3滴を見た時、僕はコックピットに座っていて「何てことだ!」と思ったんだ。だけど僕が出て行った時には、雨はちょうど止んで、僕のラップには影響しなかったと思う。クルマは僕たちが限られた時間しかセットアップ作業ができなかったにもかかわらず、調子が良かった。僕たちはスピードとグリップの完璧なバランスを見つけたようだ。フロントローを獲れたのはキミと僕の両方にとって素晴らしいことだ。それがこの時点でチームが必要としていることだからね。明日は面白いレースになると思うよ。そして天気がきっと何らかの役割を果たすだろうね。僕が座っているところからはウエットだろうとドライだろうと関係ないから様子を見守ることにするよ。どちらにしろきっとエキサイティングになるはずだよ」

ライコネン:「ファン-パブロと僕の2人でフロントローを独占するなんて最高だ。僕は本当に嬉しいよ。2番グリッドならいいし、そこから僕たちができる最高の結果を得るように頑張るよ。クルマはウエットとドライのどちらのコンディションでも上手く動いているように見えるし、このことは明日雨になりそうだから明るい材料だ。僕のラップは良かったけど、雨が少し降ってきたから限界までは攻めていないんだ。きょうは僕たちが成し得る最高の基礎を築いたし、僕は自分にとって、そしてチームにとって明日良い結果を出す自信があるよ」

琢磨:「予選出走順がとても早かったので、コース状態が良くなる後半のドライバー達に比べて、少し不利なことは分かっていました。コンディションはグリップがやや低く、難しいラップでした。天候の影響で、レースに向けての準備は難しくなってしまいましたが、それは皆同じですし、僕らは今朝、できる限りのプログラムをこなし、最善の仕事をしたと思います。明日の天気も難しくなりそうですが、雨だろうとドライだろうと、全開で攻めて行きます。明日は良い戦略がありますし、良い結果を残したいですね」


mon1.jpg
posted by phil at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 news
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6804387
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。